研究内容

(編集中)

我々の研究室では,自発光散乱(ラマン・ブリルアン散乱)の他に,超狭線幅の連続発振レーザー2台を用いた誘導ブリルアン散乱,ピコ秒パルスレーザーを用いたパルス誘導熱/ブリルアン散乱(ISTS/ISBS)などのレーザー分光手法を用いて各種材料の物性研究を実施しています.自発光散乱では,超狭帯域ノッチフィルタを用いた超広帯域光散乱分光や,広帯域半波長板を応用することで定量性を高めた偏光角度分解分光が特色の一つとなっています.また,ISTSシステムでは,世界に先駆けて量子常誘電体における熱波動の制御に取り組んでいます.

研究の対象は,誘電体・リラクサー,磁性体といった強的秩序を発現する系や,酸化物ガラスなどの構造不規則系,タンパク質など多岐に亘っていますが,分光研究に特化した研究室ですので,新規機能性材料を開発しているグループと協力して研究を進めています.

  • 研究成果については,研究成果の「論文等や「学会発表のページをご覧ください.
  • 運用している実験装置は「実験装置」に掲載しています.
サブページ (1): 実験装置
Comments